スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


COCO

(2011-01-10)
image_ohtori.jpg

I saw a musical ‘COCO’.
This story is about one of the most famous designers ‘COCO Chanel.’

After she sought asylum in Switzerland and then came back to Paris, she restarted design.
But her design was too old and Paris didn’t need COCO anymore.

This musical writes about her success, wrecking her life, and her desire.
She got lots of money but she never got a love.
This musical tells us what the most important thing in our lives.

A main actress is Ootori Ran.
She is perfect.
Have you ever seen her before?
I think she is born to be an actress, especially for stage, because my seat was the almost last line but I could see her expressions.

All actresses have good figures, so COCO’s designs fit them.
I thought if I wore this suit…

Even though, I felt I wanted to buy her suit…
Of course, I can’t buy because of its price….
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

後ろのほうのお席で見て、尚且つ表情が分かるのは「鳳蘭」さんと「浅丘ルリ子」さんくらいでした。
鳳さんは確かに、「女優」という言葉がぴったりはまる、すごいパワーがあると思います。

No title

先日、鳳蘭のインタビュー記事を読みましたが、ご本人も自分で「私は舞台女優」とおっしゃっていました。その後がありますが「だって、この顔でテレビドラマのお母さん役は無理でしょう」と。

確かに彼女の顔も姿も雰囲気も舞台向きですよね。伊達に、宝塚のトップをやっていたわけではないなぁと思います。特に、昔のトップさんはオーラがあります。最近の人たちはちょっと小粒になってきたけど。
プロフィール

てつパパ

Author:てつパパ
回来了

最近の記事
最近のコメント
お気に入りのページ
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。